リサイクルトナーとは

プリンターに使用できるインクには、メーカーから販売されている純正トナーと、他の会社からでているリサイクルトナーの二種類があります。
一般的には、メーカーから販売されているトナーの方が、品質は良く、壊れにくい反面、値段が高くなっています。
しかし、最近のリサイクルトナーは、その販売会社にもよりますが、純正トナーと同程度の品質の物を、五割から七割の値段で購入する事ができます。


また、頻繁にプリンターを使用する方向けの、純正品にはない太陽量のオリジナルリサイクルトナーカートリッジなどもあり、消費者の志向にそった商品の販売も行われています。
インクトナーの質も、年々向上しているので、コストを抑える事ができます。


もちろんリサイクルトナーはその名の通り再生品ですので、地球にやさしいエコロジー商品です。
リサイクルといっても、リサイクルメーカーの保証は付いておりますので安心してお使い頂く事が出来ます。


リサイクルトナーは、オフィスなどで頻繁に使用されている方の場合には、大幅なコストダウンが見込めます。
一昔前と比べて、品質も格段に上がっていますので、次のインクカートリッジの交換時期がきましたら、買い替えをご検討されてみてはいかがでしょうか。


このページでは、メーカーから発売されている純正トナーと、他社からでているリサイクルトナーそれぞれのメリットと、デメリットを紹介し、お得にプリンターを使用するヒントをご紹介。
もしこれからインクトナーをご購入される予定のある方にとって、参考になる情報が提供できていましたら幸いです。

Copyright © 2014 リサイクルトナーで節約できる? All Rights Reserved.